放送大学情報化社会研究会

情報化社会・メディア研究 第13巻


研究会による学術雑誌『情報化社会・メディア研究』第13巻が発行されました。
掲載されているものの中で、論文および研究ノートの一部は、弊会リポジトリにてフルテキストをご覧いただけます。

  • ステファヌ・マラルメの手紙一通(柏倉康夫)
  • ジャーナリスト・駱文森の個人史からみた台湾・日本統治時代から民主化時代への軌跡(上)(羽生浩一)
  • 大北電信会社の国際通信独占権満了に伴う日本政府の対応(大野哲弥)
  • 携帯端末による身分証明サービス
    ‐2000年におけるサービス概念形成過程を中心として‐(佐藤順)
  • 労働者の個人の尊厳と「パワーハラスメント」の実態に関する一考察(野田元樹)