放送大学情報化社会研究会

情報化社会・メディア研究 第2巻


mis-vol2研究会による学術雑誌『情報化社会・メディア研究』第2巻が発行されました。
掲載されているものの中で、論文および研究ノートの一部は、弊会リポジトリにてフルテキストをご覧いただけます。

  • はじめに(柏倉康夫)
  • 電子ネットワーク・コミュニティにおける「匿名性」(岩崎千絵美)
  • ジャーナリスト専門教育について(大津昭浩)
  • 短期大学生の情報探索行動の分析(種市淳子)
  • 1920-30年代のメディア戦争(筑瀬重喜)
  • 電子ネットワーク環境における「匿名」とその心理的影響(長澤直子)
  • 韓国地方新聞の現状と課題(西泰正)
  • デジタルメディア環境におけるコミュニケーションの変容について(濱谷英次)
  • 「1948年編集権声明」成立の背景(村上聖一)
  • 紙とコンピュータの相互作用(安野雅人)
  • 明治期の国際電報利用状況の特徴(大野哲弥)
  • わが国の短期大学問題の根源を求めて(相川由紀夫)