放送大学情報化社会研究会

情報化社会・メディア研究 第12巻


情報化社会・メディア研究 第12巻研究会による学術雑誌『情報化社会・メディア研究』第12巻が発行されました。
掲載されているものの中で、論文および研究ノートの一部は、弊会リポジトリにてフルテキストをご覧いただけます。

  • 扇(柏倉康夫)
  • 外国放送無線電報にかかわる外務省と逓信省の対応~外務省の内閣情報局構想と情報委員会~(大野哲弥)
  • 『都新聞』に登場した寄席案内―明治・東京人の楽しみ―(風間道夫)
  • 企業不祥事と階層性(小杉美智子)
  • イノベーションとその課題‐NTT DOCOMO『モバイル空間統計』の事例研究‐(佐藤順)
  • 金子洋文と土崎―出郷者がもたらした文化(天雲成津子)
  • 日本語入力における変換操作習得への課題―ファンクションキーによる変換を中心に―(長澤直子)